薬剤部

理念・基本方針

「良質で真心のこもった医療サービスの提供」

  1. 入院から退院、在宅まで患者さんに安心して治療を受けていただけるようにサポートする
  2. チーム医療に積極的に参加し、患者さんにとっての最適な治療を考える
  3. 医薬品の適正使用を推進する

スタッフ

薬剤師 5名  薬剤助手 1名

その他

認定施設
・医療薬学専門薬剤師研修施設(基幹施設)

資格取得一覧
・感染制御専門薬剤師 1名
・インフェクションコントロールドクター 1名
・医療薬学専門薬剤師 1名
・医療薬学指導薬剤師 1名
・認定実務実習指導薬剤師 1名
・日病薬病院薬学認定薬剤師 1名
・JPALS認定薬剤師レベル6 1名
・学位取得者(博士) 2名
・日本医療薬学会代議員 1名
・岐阜県病院薬剤師会顧問 1名

薬剤部のお仕事

1.調剤・注射

当院は、電子カルテシステムにより、処方データを薬剤部門システムにて受信し、処方箋発行、薬袋印字、散薬秤量、錠剤分包を行っています。薬剤部には電子カルテ端末を3台設置しており、検査値を確認し、医薬品の適正使用を推進しています。

2.無菌調製

薬剤部内にクリーンベンチを設置し、TPNの無菌調製を行っています。

※ TPN (Total Parental Nutrition)は中心静脈栄養のことで、栄養素を高濃度で含む輸液(高カロリー輸液)を中心静脈という太い静脈から投与することにより、人間の1日に必要な栄養を補給する方法です。

3.院内製剤

産科、内科を対象に、約5品目の院内製剤を調製しています。

4.病棟業務

当院では、積極的に病棟活動を行っており、薬剤管理指導料、退院時薬剤情報管理指導料、病棟薬剤業務実施加算を算定しています。
持参薬鑑別は、MDbank鑑別報告書作成ツールを用いて実施しており、電子カルテにデータとして反映されます。薬剤管理指導、病棟薬剤業務については、pharma RoadⅡを用いて記録・管理を行っています。

5.DI業務

問い合わせ記録システム、書籍管理システム、MR管理システム等は自前のデータベースを活用して、医薬品の情報管理を行っています。またDIニュースは、毎月発行しています。

※ DI (Drug Information)は医薬品情報管理室を指し、病院内の医薬品に関する情報を収集・整理・評価し、提供することで医薬品の適正使用に貢献しています。

6.チーム医療

各種チーム医療・委員会へ積極的に参加し、薬剤師として職能を発揮しつつ、貢献しています。

安全対策委員会、院内感染対策委員会、褥瘡対策委員会、NST(栄養サポートチーム)委員会
糖尿病療養支援チーム、心臓リハビリテーションチーム 等 (院内)

ページトップ
〒502-0812 岐阜県岐阜市八代1-7-1
電話