心臓リハビリテーション

診療科概要 ‐­心臓リハビリテーション -

心臓リハビリは「ATOUT COEUR」(ハートの切り札)

トータルケアとしての心臓リハビリテーション

「心臓リハビリテーション」は心臓病を患った方々が前向きにこれからの人生を謳歌して頂くための重要な柱の一つであり、社会復帰や職場復帰を果たすだけでなく、再発を予防するとともに生活の質・量ともに高める事が出来得る新しい総合的・包括的なプログラムです。

心臓リハビリテーションって何なの?

リハビリテーションというと、骨折や脳卒中などを患われ障がいをお持ちになった方々が行われる訓練を連想される方も多いと思われます。

しかし、手足だけに限らず、日常生活に支障のないように心臓自身を整える事や心臓が悪くて弱ってしまったからだ全体を元気にすることも立派なリハビリテーションになります。諸外国では「心臓リハビリテーション」は治療の一環として確立されていますが、日本でもこの10年の間でようやく認知されるようになってきました。

心臓リハビリテーションって何をするの?

例えば、風邪を引いて寝込んだ後に体を動かしてもかなりきつかったというご経験をお持ちの方も多いと思いますが、心臓病があるからといって体を動かさないと同様の状態が続いてしまい、これが余計に心臓に負担をかける事がわかりました。そこで、心臓病を患った方に“適切な運動トレーニング”を行っていくことが必要になってきます。

この“適切な運動トレーニング”が、心臓リハビリテーションの大きな柱になります。加えて、栄養管理、日常生活動作、再発予防など、多職種が専門知識にて連携し、患者さん一人ひとりに対しトータルケアを行っていくことが心臓リハビリテーションです。運動負荷試験装置という機械を使って一人ひとりに最も適した運動の強さ・時間を決定し、フィットネスクラブのような感覚で楽しく効果的に運動していただける最新の運動機器もご用意しました。

施設のご案内

  • CPX(吸気ガス分析・運動負荷試験)

  • 心臓リハビリテーション室

  • トレッドミル(転倒防止、斜度設定可能)

  • 心臓リハビリテーションチーム

心臓リハビリテーションチーム:心臓リハビリテーション指導士4名在籍

心臓リハビリプログラム

入院中の患者さんの心臓リハビリプログラム

目標 洗面、排泄、シャワー浴、廊下歩行などの身の回りの動作が完全にできるようになること
内容 急性期の治療とともに、段階的にリハビリの活動量を増やしていき、心肺機能評価の検査や、生活指導を行います

退院後の心臓リハビリプログラム

目標 退院後の職場復帰など、快適な社会生活や家庭生活に戻るため、身体的、精神的に健康な状態を目指し、生活の質を改善すること
内容 心肺運動負荷試験などの機能評価検査をもとに、積極的な運動療法、仕事への復帰の問題・不安などの心理的問題、食事療法などを総合的なケアを行います

心臓リハビリテーションを希望される患者さんへ

保険適応となる対象疾患
急性心筋梗塞、狭心症、開心術後、大動脈解離、解離性大動脈瘤、慢性心不全、閉塞性動脈硬化症
上記で治療中の患者さんで、当院での心臓リハビリテーションをご希望される場合は、まずは当院外来受診をお願いします。
現在、他院で治療中の患者さんで当院での心臓リハビリテーションをご希望の方は、主治医の診療情報提供書(紹介状)をご持参下さい。その際、かかりつけ医療機関より当院の地域連携室にご連絡の上、外来予約を取っていただくと、当日の診察がスムーズとなりますのでご協力お願い致します。

CR-GNet

当院はCR-GNet(NPO法人 岐阜心臓リハビリテーションネットワーク)参加医療機関です。

ページトップ
〒502-0812 岐阜県岐阜市八代1-7-1
電話